「袋吊り」〜酒造りのこだわりvol.6〜

醪を入れた酒袋を吊るし、自然に滴る雫(原酒)を集める方法で、「斗瓶とり」とも言われます。

圧力をかけないため、雑味がなく繊細な味わいで、華やかな香りの酒となります。
機械を使わずに蔵人達の手作業で行われ、出品酒や純米大吟醸など用いられる贅沢な方法です。

th_IMG_5605

th_IMG_5697a

th_IMG_3920

充填された酒の検品が行われている様子

 

良い米・良い水・良い風土の3つの要素に、
こだわりの技が加わり、
会津清酒 花春は造られています。