花春焼酎柿ラベル

会津の名物の一つに、「みしらず柿(身不知柿)」というものがあるのをご存知ですか?
kaki
身の程を知らぬ程実る、美味しすぎてつい食べ過ぎてしまう、ということからその名がついたとも言われています。

会津では、御山という地域が名産地として知られ、皇室への献上柿としても有名です。
この時期になると、県の職員が一つ一つ磨くシーンがニュースでも取り上げられますよね。
【河北新報】11月18日<会津身不知柿>栄誉の輝き箱詰め

実はこの柿は、花春ともご縁があるのです。
花春の創業者宮森家の先祖で、小浜を治めていた大内氏が西念寺の和尚を中国へを遣わして、その際に持ち帰ったものが、みしらず柿のもとになったといいます。柿は、そこから蘆名氏を頼り会津に入った大内氏と共に、会津へと伝わりました。

みしらず柿は、渋柿です。それを焼酎で渋抜きすることによって、とろけるように甘い美味しい柿に変化させます。

御山柿組合様でも、花春酒造の35度柿ラベルをご使用いただいております。

2

1
この通称「柿ラベル」、「柿レッテル」と呼ばれる焼酎は、柿の時期になると会津のスーパーに沢山並べていただく商品です。
1800ml   2,030円(税込)
360ml   396円(税込)
柿の渋抜きに抜群の効果があり、仕上がりのツヤ、香り共に良く、甘味を最大限に引き出します。
こちらは、甲類乙類混和焼酎で、酒粕から造った芳醇な粕取り焼酎も含まれています。
柿10kgに対して、180mlを目安にご使用ください。

※今年の柿ラベルは1800mlは完売となりました。ありがとうございました。360mlは在庫がございます。
柿ラベルは、花春楽天市場では販売しておりませんので、お電話などでお問い合わせください。

先日テレビ番組で放送されたみしらず柿の特集をご覧になった方から、お問い合わせもいただきましたので、詳しく紹介させていただきました。

会津の秋の味、みしらず柿を是非味わってみて下さい。
なお、一般に販売されているものは、出荷前に渋抜きしてあり、渋抜きが終わる目安として箱に開封日が記されています。