飲む点滴 甘酒

3月3日はひな祭り!
もうひな人形を飾っている御宅も多いと思います。
春の訪れを感じますよね。
ひな祭りと言えば、ちらし寿司、ひなあられ、甘酒・・・

ということで、今回は甘酒に関してです。

栄養たっぷりで美容にも健康にも良く、「飲む点滴」と言われ、人気が高まってきた甘酒。
皆さんはお好きですか?

amazake1

甘酒には、2種類あります。
酒粕から作る甘酒と、米麹から作る甘酒です。

お酒がもともとお好きな方にとっては、日本酒の風味が感じられる酒粕を使った甘酒、
日本酒があまり得意でないという方には、米麹の甘酒が好まれているでしょうか?
どちらもお米の旨みがたっぷりです。

お店でもいろいろ販売されておりますが、自分で作ってみるのも楽しいかと思いまして、
今回は、花春で酒を絞った際にでた酒粕(板粕)を使って、甘酒を作ってみます!
(残念ながら、こちらは一般には販売しておりません(>_<)因みに花春では、熟成させた酒粕を蒸留して「粕取り焼酎」という焼酎も作っておりますよ!)
sakekasu
※昔使っていた袋の残りに詰めてもらったので住所が花春町になっています。今は神指町にあります。

吟醸香が香る酒粕は、フレッシュなものでもいいし、ちょっぴり寝かせて熟成させたものでも美味しいです。
スーパーでも色々な酒粕が販売されていますよね。

~作り方~
鍋を用意します。

作りたい量(コップ何杯分)の水を入れます。

酒粕をちぎって鍋に入れます。

火にかけます。

よく混ぜます。

沸騰してきたら、火を止めて砂糖を入れます。

もう一煮立ちさせたら完成です。

amazake2

とまあ、とてもざっくりご説明しましたが、分量などはお好みで…。
濃厚でどろっとしていて甘い甘酒がいいなという方は、水に対して酒粕の量は多め目に、お砂糖はたっぷりどうぞ!
逆にさらっとした甘酒がお好みの方は酒粕を少な目に、こしきで酒粕を細かく溶いてみて下さい。
アレンジで、すりおろした生姜を入れてみるのもいいですね。
好みの甘酒を見つけてみて下さい!